日 時   平成18年11月16日(木) 18時30分開場 19時00分開演

場 所   横浜みなとみらい小ホール

指 揮  吉田 孝古麿

ピアノ 岩谷 尚幸

 

第1ステージ

寺山修司の詩による6つの歌「思い出すために」

   作詞 寺山修司

   作曲 信長貴富

第2ステージ アヴェ マリア曲集

  御誦(おらしょ)より  アヴェ・マリア    作曲 大島ミチル

  AVE MARIA              作曲 Kocsar Miklos

  Ave Mria  作曲 J.S.Bach-C.F.Gounod  合唱編曲 吉田孝古麿

第3ステージ 「オペラ座の怪人」

 1 プロローグ  アレンジ 金井信

    1905年、パリ・オペラ座の舞台。オペラハウスの備品が競売に出されている。

    シャヌイ子爵(=ラウル)が落札したオルゴールを手元に歌う。

 2 オーヴァチュア アレンジ 岩谷尚幸

 3 スィンク・オブ・ミー アレンジ MAC HUF~上杉明

   1861年、パリ・オペラ座。オペラ「ハンニバル」の稽古中、突然背景幕が落下す

   る。皆がオペラ座の怪人の仕業と騒ぐ中、プリマドンナのカルロッタは役を降り

   てしまう。代わりにコーラスガールのクリスティーヌ・ダーエが代役を務める。

 4 エンジェル・オブ・ミュージック アレンジ ED LOJESKI~上杉明

   見事に代役を務めたクリスティーヌに感激した親友のダンサーのメグ・ジリーが

   うたう。

 5 ザ・ミラー アレンジ ED LOJESKI~上杉明

   幼なじみのラウルとも再会し喜ぶクリスティーヌ。しかし、楽屋の鏡の中から怪

   人が現れ彼女を地底深くいざなう。

 6 オペラ座の怪人 ED LOJESKI~上杉明

   オペラ座の地下には神秘的な湖があり、怪人の操るボートはクリスティーヌを隠

   れ家にいざなう。

 7 ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト アレンジ金井信/ED LOJESKI~上杉明

   クリスティーヌをプリマドンナに仕立て、自分の音楽を歌わせたいと願う怪人。

  「夜の調べの中で新しい未知の世界へ二人で旅立とう」と、歌う。

 8 プリマドンナ アレンジ 金井信~大槻香織

   ファントムから「クリスティーヌをオペラ“イル・ムート”の主役にしないと恐

   ろしいことが起こる。」という脅迫状が来る。カルロッタは陰謀だと激怒する

   が、カルロッタを支配人たちが必死におだて上げる。

 9 オール・アイ・アスク・オブ・ユー アレンジ MARK A.BRYMER~上杉明

   イル・ムートの初日、激怒した怪人によりカルロッタの声は蛙の声にされ、道化

   係のブケーの首吊り死体が舞台上に落ちてくる。場内の混乱を避けラウルはクリ

   スティーヌを屋上につれ出し脅える彼女をやさしく包む。

 10 マスカレード ED LOJESKI~上杉明

   半年後の大晦日の夜、華やかに繰り広げられる仮面舞踏会。“あの事件”も忘れ

   たかのように楽しむ人々。その中で、クリスティーヌとラウルは密かに婚約を交

   わす。

 11 墓場にて アレンジ 金井信/BARRIE CARSON TURNER~上杉明

   支配人はこれ以上の惨劇を避けるために、怪人が作曲した「ドン・ファンの勝

   利」の上演を受け入れる。苦しみ悩むクリスティーヌは父の眠る墓地を訪れ、複

   雑な胸のうちを語りかける。

 12 ザ・ポイント・オブ・ノー・リターン~エピローグ

                アレンジ 金井信/ED LOJESKI~上杉明

   「ドン・ファンの勝利」の初日、怪人はピアンジを殺し入れ替わり、ヒロインの

   クリスティーヌに激しく愛を告白する。